読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MiTsuRuGAME

ゲームと『知らなくて良かった何か』を繋げるメディア

【VGC2017】デリバード考察

はじめまして、デリバード三田です。
このたびMiTsuRuGAME様発足の支援といたしまして、筆を執らせていただきました。


今回はVGC2017で使用可能であるにもかかわらず未だ使用者を1人も見たことがないデリバードについて単体考察記事を書かせていただきました。

<目次>
・データベース
デリバード考察
・サンプル育成論
・サンプルパーティ

 

<データベース>

f:id:MiTsuRuGAME:20170305011844p:plain

デリバード はこびやポケモン
(English: Delibird / French: Cadoizo / German: Botogel / Korean: 딜리버드)
全国No.225 / アローラNo.081 / メレメレNo.081
高さ:0.9m
重さ:16.0kg(けたぐり威力40)
タイプ:こおり、ひこう
弱点:いわ、はがね、ほのお、でんき
半減:むし、くさ
無効:じめん
♂♀比率:50% / 50%
タマゴグループ:水中1、陸上
特性:やるき、はりきり、ふみん(夢)
種族値:H-A-B-C-D-S = 45-55-45-65-45-75

以上がデリバードのデータベースである。
こうしてみるとなぜ通常特性が「やるき」であるにもかかわらず夢特性が「ふみん」なのか謎である。不眠症デリバードはなんとなく可哀そうなので出来ればやる気満々のデリバードを採用してあげたい。

 

デリバード考察>

デリバードの考察をするためにも、まずはデリバードについてよく知ることから始めたい。

f:id:MiTsuRuGAME:20170305011907p:plain


私にとってデリバードといえばこれなのだが皆さんはどうだろうか。
これは金銀、すなわちデリバードが初登場したときの杉森健氏による公式イラストである。
HGSSリメイクが発売されるまでの10年間ずっとこのイラストが使われていたため、やはりデリバードといえばこの画像のイメージが強い。

f:id:MiTsuRuGAME:20170305011925p:plain


ちなみにHGSSで描き直されたのがこちら。
頭が少し大きくなり、それに合わせて胴体が少しスリムに。金銀のころに比べてイケメンになった印象を受ける。
また、ゲーム内グラフィックでもこの画像に合わせてHGSSでは手を挙げている…と思いきやHGSSでは手を下げている。なんでやねん。

f:id:MiTsuRuGAME:20170305011947p:plainf:id:MiTsuRuGAME:20170305011957p:plain


金と銀。なんか雰囲気が違うような気がする。
 

f:id:MiTsuRuGAME:20170305012010p:plainf:id:MiTsuRuGAME:20170305012020p:plain


RSとEm。微妙にポーズが違うのが面白い。

f:id:MiTsuRuGAME:20170305012040p:plainf:id:MiTsuRuGAME:20170305012047p:plain


DPtとHGSSHGSSデリバードは公式絵に合わせてか色がくっきりしている。

f:id:MiTsuRuGAME:20170305012107p:plain


BWはHGSSとほぼ変化がないが色調が若干変化したか。

f:id:MiTsuRuGAME:20170305012127p:plainf:id:MiTsuRuGAME:20170305012134p:plain


6世代以降の3Dデリバード。全体的に目や口のパーツが小さくなった。

僕はHGSSの色の濃いデリバードが一番好きです。ポーズはエメラルドが好きです。


ちなみに第4世代、ダイヤモンドパールの頃にデリバードは一度進化している。(大嘘)

f:id:MiTsuRuGAME:20170305012150p:plain


この画像ほんと好き。懐かしすぎて涙出てきた(老害

 

続いてデリバードの図鑑説明に注目していきたい。

・金、リーフグリーンハートゴールド
1にち ずっと えさをはこんでる。そうなんした ひとが デリバードの えさで たすかった はなしもある。
・銀、ファイアレッドソウルシルバー
きりたった がけの さきにある すで まつ ヒナたちのため 1にちじゅう えさを はこんでいる。
・クリスタル
いつも エサを もちはこんでいる。おそわれると みをまもろう として もっている エサを なげつける。
・ルビー・サファイア・エメラルド、オメガルビーアルファサファイア
しっぽで エサを つつみ もちはこぶ ポケモンデリバードに エサを わけてもらった おかげで エベレストを のぼりきれた ぼうけんかが いた。
ダイヤモンド・パール・プラチナ、ブラック・ホワイト
しっぽで えさを つつんで はこぶ。やまで そうなんした ひとに えさを わけあたえる しゅうせい。
ブラック2・ホワイト2
1にちじゅう エサを はこぶ。やまで そうなんした ひとがいると エサを わけあたえ たすけている。
・サン
ほんらい さむい とちを このむが アローラの デリバードは あるていどの あつさでも たえられる ようだ。
・ムーン
じぶんの エサを ひとや ポケモンに わける しゅうせいが あるため いつも エサを さがしまわっている。


基本的にえさを運んでいるらしい。ヒナだけでなく色んな人やポケモンにえさを分け与えるって、いいやつ過ぎる。好き。ちなみにアニメでは餌をあげるどころかロケット団本部からムサシコジロウニャースに対して借金の取り立てにたびたび遣わされていた。

また、図鑑説明を読むことでわかると思うが、実はデリバードがいつも手に持っている白い袋はどうやらデリバード自身の尻尾であるようだ。これはなかなか知っている人はいないと思うので、友達にドヤ顔でこの知識をひけらかしてやろう。これで君もクラスの人気者間違いなしだ。


<サンプル>
さて、ここまで長々とデリバードについて語ってきたが、そろそろ具体的にVGC2017で活躍間違いなしの育成論を伝授したい。

猫騙しサポート型
努力値:臆病CS252、H4
技:ねこだまし、こごえるかぜ、みちづれ、プレゼントor守る
持ち物:きあいのタスキ
特性:やるき

いわゆるデリバード界隈ではもっともメジャーなサポートタイプの型である。
耐久は振っても意味ないくらいの耐久なので、こごえるかぜで少しでも多く相手のHPを削りたいのでCに振るのが良いだろう。
デリバードというポケモンの環境での少なさからねこだましやみちづれは結構読まれにくく、刺さる場面がまぁまぁある。が、1つ問題なのはあまりの種族値の低さから全く相手にとってヘイトにならず、放置されてしまうというケースもあるのが少し難点である。そうならないように、基本的にはこごえるかぜを選択し相手にデリバードを放置させたくないと感じさせたうえでみちづれを選択するようにしよう。
特性ははりきりを選ぶ意味がないのでやるきにしよう。ドーブルのキノコの胞子に強いのは高く評価できる。
プレゼントを撃つことで自分の味方を(20%の確率で)回復できるので、テッカグヤカビゴンのような耐久のあるポケモンを回復させて持久戦を有利に運びたい。


・いぶきツボ型
努力値:陽気AS252、H4
技:ねこだまし、こごえるかぜ、こおりのいぶき、ドリルくちばし
持ち物:きあいのタスキ
特性:はりきり

味方のスカーフワルビアルを後ろから投げながらそこに氷の息吹を撃ちワルビアルのAを上げるというコンボを前提とした型。デリバードは浮いているため隣のワルビアル地震を撃ちやすく、シナジーとしては最高である。
ワルビアルへのダメージを下げるため陽気ASはりきり。7世代でレベル技としてドリルくちばしを習得したのがこの型だと活きてくるだろう。

デリバード:ドリルくちばし(はりきり)
→H4振りマッシブーン(H183)
割合: 100.5%〜120.2%
回数: 確定1発


<サンプルパーティ>
・パーティ1
デリバード
ガブリアス
カプ・コケコ
テッカグヤ
ウインディ
カプ・レヒレ

デリバードを先頭に置くことで相手のガブリアスに対して威圧感を与えることができる。
デリバードテッカグヤ、浮いているポケモンが2匹いるのでガブリアス地震を選択しやすいのが高評価な構築だ。


・パーティ2
デリバード
ワルビアル
テッカグヤ
ボーマンダ
カプ・コケコ
ウインディ

デリバードを先頭に置くことで相手のガブリアスに対して威圧感を与えることが出来る。
怒りのツボのコンボを決めたいので、初手は基本デリバードテッカグヤから始め、テッカグヤを下げつつワルビアルを出すことで相手の電気技を無効化しつつ氷の息吹でAを上げていきたい。あとは適当に地震を撃ってイージーウィンを狙っていこう。
あいてに飛行タイプ、主にテッカグヤが来ると辛いので、カプコケコやウインディを採用して相手に選出させないことを意識させている。

 

さて、デリバードの考察記事はいかがだったでしょうか。
もしデリバードを採用した構築で良い結果を残したという方や、もっと良いデリバードの運用法あるよ~って方はぜひご一報ください。お待ちしております。

f:id:MiTsuRuGAME:20170305012208p:plain